今回はちょっと息抜きに書いてみました。

「厨二病」と書くこともありますが、「中二病」のほうが一般的なので、こちらを採用しました(どうでもいいと思いますが一応)

では、どうぞ。

スポンサードリンク




中二病セリフ(日常会話)

漆黒の闇から覚醒したまばゆい光…さて、そろそろ我が身の力を解き放つとするか(おはよう)

漆黒の闇覚醒したまばゆい光り→夜が明けて太陽の光が差し込む。

そろそろ我が身の力を解き放つとするか→そろそろ体を起こすか。

こんな長ったらしいセリフを、朝から言われたら嫌でしょうね。

強者のみが許されたこの至福のひとときを、ゆっくり楽しもうではないか(いただきます)

強者のみが許されたこの至福のひととき→弱肉強食的な感じ。

「ゆっくり楽しもうではないか」は適当に付け足しました。

日常会話で使ったら、家族から心配されること間違いなしです。

お前たちの魂の叫びが俺の体に伝わっていく…これまでのひとときは決して忘れない(ごちそうさま)

お前たちの魂の叫びが俺の体に伝わっていく→食物が体の中で消化されていく感じ。

これまでのひとときは決して忘れない→食べられる幸せを表してみた。

こんなセリフを街中で言える人は相当なメンタルの持ち主。

外の世界へ降臨するとしよう(行ってきます)

「行ってきます」がかなり壮大な表現になりました。

「学校に行ってきます」なら「我が学び舎へと降臨するとしよう」ですかね。

まずいな…このままでは神の逆鱗に触れてしまう(やばい!早く行かなきゃ怒られる!)

神の逆鱗に触れてしまう→神(学生なら教師、会社員なら上司)に怒られる。

ある程度余裕がないと、こんなセリフは言えません。

そんなこと言う暇あったら早く行けよ、とツッコまれるのがオチです。

虚無から誘い(いざない)が来た、しばしの間、この世界から離れるとしよう(おやすみ)

なんか「虚」がつく単語って中二病の方が使いそうですよね。

この虚無もそうですし、虚空、虚数、虚ろとかその他もろもろ。

裁きを受けよう(ごめんなさい)

ごめんなさい→謝罪→悪い事をしてしまったお詫びに裁きを受ける

使用例
通行人「あっ! すみません、ぶつかっちゃいました」

中二病「いや、俺も不注意だった、裁きを受けよう」

通行人「(……こいつ、ドM?)」

お別れか…出会いは短いものだな(さようなら)

すごい気取ったセリフになりました。

あ、これに限ったことではありませんね。全部のセリフ気取ってますね。

お前がこの世に生を受け、そして運命の日を迎えた、歓迎しよう(誕生日おめでとう)

ただの痛いセリフになってしまいました。

これを人前で言ったら確実に引かれますので、ご使用の際は細心の注意を払ってください。

俺の邪眼がうずいている(眠い)

疲れ目ですごく眠い状態を中二病風にしてみました。

本音を言うと、単に「邪眼」を使いたかっただけです。

なるほど…これがダークマターか(なるほど…全然わかんないわ)

ダークマター→未知の物質→わからないもの。

このセリフはわからないことをごまかしたいときに使えるかもしれません。

「佐藤、この問題解いてみろ」

「先生、この問題はダークマターです(先生、この問題全然わかりません)」

「……何を言ってるんだ」

邪神が俺を呼んでいる(風邪ひいた)

邪神と風邪は「邪」が共通しているので、「邪神が俺を呼んでいる」としてみました。

「インフルエンザにかかった」だったら、風邪より重いから「悪魔に呪われた」…ですかね。

俺の邪眼が紅蓮色に染まっていく…(泣くほど感動した)

邪眼が紅蓮色(赤)に染まっていく→泣きすぎて目が充血してる。

寝不足の時にも目が充血するので、「すげぇ寝不足」にしてもいいかも。

天啓を聞け(話を聞け)

天啓→神のお告げ→神の言葉・教え。

言葉を聞く→話を聞く(?)。

会話が飛び交っている教室とかで、「天啓を聞け!」と言われても、生徒は困るだけ。

セレモニーはやったのか?(勉強してる?)

普通に「勉強しなさい!」と怒鳴るよりも、「セレモニー(または儀式)はいつやるんだ?」としたほうが嫌な感じがしない(と思う)。

でも、人には言いにくいですね。

人間が作った紙切れで俺の実力は測れんわ(テストやだ~)

人間が作った紙切れ→テスト用紙。

俺の実力は測れんわ→テストで俺の将来が決められるとか、マジでありえんわ。

私自身、テストは嫌でした(高得点のときはそこそこ嬉しかったけど)。

平面世界ほど俺の脳を刺激するものはない(アニメ最高!)

平面世界→二次元→アニメ(もしくは漫画)。

俺の脳を刺激する→脳が興奮している状態→テンションが上がってる→気分上々→最高。

現実逃避したいときに言ってみるといいかもしれません。

湧水で穢れを浄化しておくか(風呂入るわ)

中二病は難しい言葉を使うイメージがあるので、あえて「湧水(ゆうすい)」を使いました。

「汚れ」をあえて「穢れ」みたいに難しく書くのも中二病の特徴。

演奏を止めてくれ(静かにしてくれ)

少しだけ長くなりました。

中二病風にすると怒られてる感じがしませんが、やっぱり人前では言えませんね。

貴様の奏でるシンフォニーは不協和音だらけだ…(お前なんか怖いぞ)

不協和音→怖い曲によく使われる(らしい)。

「奏でるシンフォニー」はなんとなく付け足したしました。

そのプログラムは正しいのか?(その話本当?)

自分で作っておいてなんですが、言い方が回りくどいですね。

さっきの「お前の奏でる(以下略)」よりはマシですけど…

体の封印を解いてくる(トイレ行ってくる)

体の封印→体の中のアレやコレ。

解いてくる→解放する→あとはご想像にお任せします。

貴様はなぜ堕天使になった?(お前はなぜグレたんだ)

堕天使→天使から悪魔に変わった天使。

貴様はいつから堕天使になった?→良い子だったのになぜグレてしまったんだ?。

どんな良い子でも、環境によってはグレることはあるでしょう。

two!(痛っ!)

痛→音読みで「ツウ」→ウを長音にして「ツー」→two(ネイティブっぽく発音)。

え~と、あの~、はい、ただのダジャレです。

まとめ

セリフを考えるのはなかなか難しいですね。

中二病が本当にこういうセリフを言うかはわかりませんが、雰囲気は出せたと思います。

最後に、今回挙げたセリフを実際に使う際は、自己責任でお願いします。

スポンサードリンク