この記事では、大阪弁の一覧(50個)を意味も載せて解説していきたいと思います。

ただ、同じ大阪の方でも、年齢や地域によって使わない表現もいくつかあります。

スポンサードリンク

大阪弁の一覧(50音順)

アカン

「ダメ」の意味で使う言葉です。

調子が悪いときにも「今日はアカンわ~」のように使います。

アホ

これは関西に住んでいない方でもわかるかと思いますが、「バカ」のことです。

ただ、大阪の方でも「バカ」は使います。

どちらかというと、「アホ」より「バカ」のほうが表現がキツイ感じがしますね。

アメちゃん

「飴」のことですが、女性の方がよく使うかな…

男性で「アメちゃん」と言う方はあまりいません。

いっちゃん

「一番」を指す言葉です。

例:「あんたがいっちゃん仕事はやいわ」「それがいっちゃんええと思う」

いらち

「いらち」は短気な方のことを指します。

例を出すと「あの人、めっちゃいらちやな」のような感じです。

調べてみると、由来は苛立つを意味する「苛つ(いらつ)」とのこと。

うち

自分のことを指す言葉です。

大阪に限らず、広い範囲(主に西日本)で使われています。

私の場合、人と会話するときは「俺」か「僕」を使います。

ええ

「良い」の意味で使われます。

例:「それええな!」「ええんちゃう?」

えらい

大阪弁の「えらい」は「大変」の意味で使うことが多いです。

「えらいこっちゃ」とか「えらいことしれくれたな!」みたいな感じです。

ほかにも「とても」や従来の「偉い」の意味でも使われます。

おおきに

「おおきに」は標準語に直すと「ありがとう」ですが、若い人はあまり使いません。

私自身、一度も使ったことがなく、ほかの方も一般的な「ありがとう」を使っています。

地域によって多少の差はあるかもしれません。

オカン

母親のことを指し、父親は「オトン」です。

ただ、「おおきに」同様、私は一度も使ったことがありません。

おもろい

「面白い」のことを大阪(というより関西全体)では「おもろい」と言います。

逆に、「面白くない」は「おもろない」もしくは「おもんない」です。

おる

「居る」の意味で使います。

例:「そこ、だれかおんの?」

かまへん

「構わない」という意味で使います。

「かめへん」と言う方もいます。

(蚊に)噛まれる

標準語では「蚊に刺される」ですが、大阪では「蚊に噛まれる」と言うことが多いです。

例:「蚊に噛まれた!めっちゃかゆい」

からい

「からい」は一般的には辛いものを食べたときに使いますが、関西圏では「辛い」とか「しょっぱい」の意味で使います。

辛いものもしょっぱいものもほとんど食べない私にはあまり縁のない言葉です…

堪忍してな

意味は「ごめん」とか「許して」ですかね。

ただ、今は「ごめんな」と言う人が多い感じがします。

「堪忍してな」はあまり聞きませんね。

きしょい

「キモイ」とほぼ同義の言葉です。

ぎょうさん

「たくさん」という意味ですが、私は「めっちゃ」をよく使います。

年代によって変わってくるんでしょうね。

けえへん

「来ない」を意味する言葉です。

「来(こ)うへん」ということもあります。

例:「○○さん、けえへんなぁ」

けったい

標準語だと「不思議な」とか「奇妙な」のような感じですね。

ただ、使う人はあまりいません。

私も「けったい」という言葉は知っていましたが、使ったことはないです。

こしょばい

「くすぐったい」という意味です。

「こそばい」ということもあります。

ごっつい

「すごい」の意味で使われることが多いです。

「ごっつ」ということもあります。

例:「これ、ごっつええな!」「この漫画ごっつおもろい」

こないだ

「このまえ」の意味で使います。

例:「こないだおもろい漫画見つけてん」

さいなら

標準語に直すと「さようなら」です。

例:「ほな、さいなら」

さら

「さら」は「皿」ではなく「新品」のことです。

漢字の「新」も訓読みで「さら」と読みます。

スポンサードリンク

しばく

「しばく」は辞書にも載っており、広辞苑(第5版)で調べてみると、以下のような記載がありました。

鞭や細い棒で強く叩く

大阪では…う~ん、標準語ではどういうのか思いつきませんね。

ただ、「しばく」は本気ではなく冗談交じりで言うコとが多いかも…

まあ、本気で言われたら怖いですね。

しゃあない

「しょうがない」「仕方ない」の意味で使います。

しょうもない

「くだらない」の意味です。

例:「なんやこれ?、しょうもな」

しもた

「しまった」の意味で使われます。

例:「しもた!傘持って帰んの忘れた」

すかん

標準語だと「好きじゃない」になります。

例:「あの人のやり方はすかんわ」

せや

同意を促すときに使います。

例えば「せやんな」とか「せやね」は、標準語にするとどちらも「そうだね」です。

「そやね」ということもあります。

せやから

先ほどの「せや」に似ていますが、「せやから」は標準語に直すと「だから」です。

例:「せやから、さっき言うたやん」

せんといて

「しないで」と言う意味で使われます。

例:「邪魔せんといて」「これはせんといてな」

そら

「そら」は「空」ではなく、「それは」を意味します。

「そら、アカンわ」とか「そらそうや」などのように使います。

ちゃう

「違う」の意味です。

例:「なんかちゃうな~」「ちゃうちゃう」

チャリンコ

「自転車」のことです。

私も周りでは「チャリ」ということが多いです。

「ママチャリ」とかいいますよね。

どない

「どない」は「どう」とか「どういう」などの意味です。

「どないしたん?」とか「どないやねん!」のように使います。

なおす

一般的には「直す」ですが、大阪では「片づける」の意味で使うことがあります。

例:「これなおしといて」

なんぼ

「なんぼ」ときくと「~してなんぼ」のような表現を思いつきますが、大阪では値段を訊くときに使います。

検索エンジンで調べてみると、「なんぼ」は東北地方でも使うようです(意味は同じ)。

なんや

「なんだ」を意味します。

「なんやねん」とか「なんや、そういうことか」みたいな感じです。

パチモン

「パチモン」は標準語では「偽物」です。

私は「ニセモン」と言うことが多く「パチモン」という表現は最近知りました。

多分、「嘘っぱち」が由来だと思います(諸説あり)。

はよ

標準語だと「早く」ですね。

「はよして!」とか「はよせえ!」のように、急かすときに使うことが多いです。

ほかす

「捨てる」の意味です。

私は「ほかす」と「捨てる」両方使っており、どちらを使うかは日によって変わります。

母親が北海道出身の影響もあってか、たまに「投げる」と言うこともあります。

ぼちぼち

「そろそろ」の意味で使われます。

例:「ほな、ぼちぼち行こか」

ほんなら

標準語にすると「それじゃあ」とか「そしたら」ですね。

略して「ほな」ということもあります。

ホンマ

関西圏以外でも分かる方がいるかもしれませんが、「本当」の意味合いで使われます。

「それホンマなん?」とか「ホンマやね~」みたいな感じです。

ちなみに、漢字では「本真」です。

めっちゃ

若年層を中心に使用される言葉で、私は「すごい」とか「たくさん」の意味で使います。

最近は関西以外でも使う方が増えてきているようです。

「むっちゃ」と言う方もいます。

ややこい

「ややこしい」を意味します。

例:「あんたの話はややこいねん」

ようけ

「ぎょうさん」と同様、「たくさん」の意味で使われます。

西日本では使う人が多いようです。

レイコ―

私の記憶が正しければ、名探偵コナンの28巻で、服部平次の母親である池波静香が「レイコ―」と言っていた気がします(正確には言いかけた)

標準語では「アイスコーヒー」ですが、「レイコ―」と言う人はほとんどいません。

まとめ

記事を書くまでは「50個ならそこまで難しくないかな」と思っていましたが、意外と苦戦しました。

案外思いつかないものですね。

スポンサードリンク