日本には東北弁や関西弁、博多弁など、地域によって独特の方言があります。

今回は標準語を方言に変換するサイトを8つ紹介します。

スポンサードリンク

方言に変換できるサイト

もんじろう

もんじろうは方言だけでなく、武士語やルー語、ギャル語にも変換できます。

試しに以下の会話をジョジョ語、ルー語、武士語にそれぞれ変換してみました。

変換前
学生A 明日から夏休みだけどどこ遊びに行く?

学生B ごめん、夏休み中はほとんどバイトだから遊ぶ時間取れない

学生A そうなんだ…バイトならしょうがないね。

 

ジョジョ語風味
学生A 明日から夏休みだけどどこ遊びに行くんだよォーッ!!?

学生B ごめん、URYYYYYYYY!!!夏休み中はほとんどバイトだから遊ぶ時間取れない

学生A そうなんだ…ドドドドドドドバイトならしょうがないね。

情緒不安定か

ルー語風味
学生A トゥモローから夏休みいわゆるサマーバケーションバッドどこ遊びにゴーする?

学生B アイムソーリー!、夏休みいわゆるサマーバケーション中はほとんどバイトだから遊ぶタイム取れない

学生A そうなんだ…バイトならしょうが ないね。

最後だけそのまま

武士語
学生A 明日から夏休みなれどいずこ戯れに参上する?フーズバッド?

学生B かたじけない、夏休み中はほとんど時給労働じゃから遊興刻限取れぬ

学生A さふなんじゃ…時給労働ならしょうが無いね。

「フーズバッド」と「時給労働」で吹いた。

 

恋する方言変換

恋する方言変換は、大分弁や博多弁など11種類の方言に加え、アナウンサー言葉やふなっしー語にも変換できます。

よく使われるあいさつを、ふなっしー語に変換すると以下のようになりました。

こんにちは→こんなっしー

おはようございます→おはなっしー

おやすみなさい→もやすみー

さようなら→さようなら

おつかれさまです→おつかれさまなっしー♪

さようならだけそのままでした。

方言に翻訳します。

庄内弁、大阪弁、津軽弁、北海道弁、岐阜弁の5つに同時変換できます。

恋する方言変換と同様に、簡単なあいさつで試してみました。

原文:どうもありがとうございました

庄内弁:どうもありがとうございました

大阪弁:どうもおおきに

津軽弁:何んぼもありがどうござじょいした

北海弁:どうもいや助かった

岐阜弁:どうもありがとうございました

庄内弁と岐阜弁は変化しませんでした。

大阪弁変換

大阪弁変換は、サイト名通り大阪弁に変換できます。

もんじろうで出した会話例でやってみました。

学生A 明日から夏休みやけどどこ遊びに行く?

学生B ごめん、夏休み中はほとんどバイトやから遊ぶ時間取れへん

学生A そうなんだ…バイトならしゃあないね。

多少の修正は必要ですが、違和感はほとんどありません。

文字変換なも

文字変換なもは7地域の方言と、顔文字の計8種類の言葉に変換できます。

以下は顔文字を選択して試した結果です。

ありがとう
m(._.)m

こんにちは
ばたん♪Ю―(^O^ )お邪魔しま-す

おはよう
\(o ̄∇ ̄o)

文書変換「江戸っ子」

入力した言葉を江戸っ子の言葉に変換してくれます。

この記事の冒頭の文章でやってみました。

本朝 には東北弁や関西弁、博多弁やなんか 、地域によって独特の方言があるぜ 。

今回はつまんねぇコトバ を方言に変換するサイトを7つ紹介しやす 。

「標準語」が「つまんねぇコトバ」とは…なぞですね。

sweet文章変換♪

変換できる言葉の種類が37もあり、方言以外にも、コギャルや族言葉にも変換できます。

先ほどと同様、この記事の冒頭部分で試してみました。

コギャル
日本には東北弁や関西弁、博多弁など、地域によって独特の方言があるしぃ~。

今回は標準語を方言に変換するサイトを7つ紹介するけどぉ。

なんか、それっぽい感じになりました。

名古屋弁
日本には東北弁や関西弁、博多弁など、地域によって独特の方言があゃあ。

今回は標準語を方言に変換こくサイトを7つ紹介こきゃあ。

「あゃあ」はなんて発音すればいいのか…。

秋田弁コンバータ

秋田弁に変換するだけでなく、発音も聞くことができる便利なサイトです。

ただ、現在はサイトが見れなくなっています。

原文
明日は全国的に暑くなるでしょう。

熱中症にご注意ください。

変換後
明日は全国的に暑くなるだべ。

熱中症にご注意けれ。

方言の正確性はどうなのか

正確性(というより使用頻度)はその地域に住んでいないとわかりにくいですが、私は大阪出身なので、方言変換サイトでできる大阪弁に少し違和感を感じます。

「~でまんねん」とか「~でんがな」といった使わない表現が多く、「いやいやこれ絶対使わへん!」となることが結構あります。

まあ同じ大阪の人でも、バリバリ方言を使ったり、ほとんど標準語だったりと個人差があるので、もしかしたら「~でまんねん」や「~でんがな」を使う人がいるかもしれません(少なくとも私は見たことないです)。

ほかの方言はわかりませんが、おそらく大阪弁同様、正確性は低いと思います。

ただ、「この地域の方言はこんな感じなのか」と、雰囲気をつかむにはいいかもしれません。

スポンサードリンク