賢威は2007年から販売されているテンプレートで、10年以上経った現在も進化し続けています。

当ブログでも開設当初から使っており、テンプレートはWordPress版とHTML版の2種類あります。

この記事では、賢威の評判と特徴について書いていきます。

賢威の評判

賢威を推奨している方は多く、その大きな理由は「SEOに特化している」ことにあります。

どういうことかというと、賢威はただ買って終わりではなく、マニュアルもついており、SEOの正しいノウハウを学ぶことができます。

また、カスタマイズの仕方を丁寧に解説しているブログもあり、HTMLやCSSに詳しくない方でも使いこなせます。

欠点としては、賢威はデザイン性が低く、地味なイメージを持たれてしまう可能性があることです。

賢威の特徴

内部SEO対策がバッチリ出来ている

内部SEOはざっくり説明すると、HTMLやCSSを正しく記述し、Googleに適切な情報を送る対策のことです。

SEOに詳しくない方にはピンと来ないと思いますが、要は検索上位が(少しだけ)上がりやすくなるというメリットがあります。

もちろん、ちゃん記事を書かないとどんなにいいテンプレートを使っても上位には上がれません。

最新版の賢威7では、HTML5を採用しており、構造がよりシンプルになりました。

最新版が無料で使える

賢威はテンプレートのバージョンアップ版を無料で使うことができ、一度買ってしまえばそれ以上のお金はかかりません。

ちなみに、当ブログでは賢威7を使っており、別のブログでは6.2を使っています。

これも持っていない方にはピンと来ないと思いますが、長く使っていると「あっ、このテンプレート賢威じゃん!」っとすぐわかります(わかったところでなんの意味もありませんがここでは置いときます)。

SEOのマニュアルがついている

マニュアルはPDF形式でダウンロードでき、およそ200ページあります。

文庫本1冊と同じくらいのボリュームですね。

よく読書をする方はすぐ読み切れると思いますが、活字が苦手な方には少しキツイかも知れません。

ただ、マニュアルで得られる情報はネットや一般書籍ではなかなか手に入らない有益なものばかりです。

手に入れられるとしても、相当時間がかかりますし、すでに古くなっている可能性もあります。

賢威のSEOマニュアルはテンプレート同様バージョンアップするので、ノウハウが使えなくなる心配がありません。

賢威7の便利機能

人気記事の表示

PCなら右サイドバー、スマホなら記事の下に人気記事が表示されていると思いますが、これは賢威7の機能を使っています。

期間も指定することができ、このブログでは1ヶ月分のpvランキングが表示されています。

WordPressなら「WordPress Popular Posts」というプラグインを使えばできますが、プラグインに頼りすぎるとブログが重くなりますし、プラグインの相性によっては不具合が生じる可能性もあります。

関連記事の表示

賢威7 関連記事設定

賢威7では記事の編集画面に関連記事の設定機能がついており、カテゴリーかタグにチェックを入れると表示されます。

関連記事があるとユーザーの興味を惹くことができ、滞在時間を延ばす効果があります。

目次の自動生成

WordPressで目次を表示させるプラグインとしては「Table of Contents Plus」が有名ですが、すべての記事に目次がついてしまうのがネックです。

文字数の少ない記事とかは目次は必要ないですからね。

賢威の目次生成機能は記事ごとに設定できるので、「この記事は目次いらないな」と思ったらすぐに非表示にすることができます。

キャラクター設定

キャラ登録をすると、下のようにキャラ同士で会話させることができます。

みか

吹き出しの形や色も自由に設定できるよ!

ゆか

このブログで使用する機会はあんまりないけどね。

みか

Googleアナリティクスの解析コードを簡単に挿入できる

自分のブログにGoogleアナリティクスを設置する際、一般的なのはアナリティクスのトラッキングコードを取得し、HTMLの</head>の前に貼り付けるという方法です。

それほど面倒な作業ではありませんが、テーマの編集をしなければならないので、ブログ経験が浅い方にとっては難しく感じるかもしれません。

賢威はバージョン7から、管理画面でトラッキングコードを挿入できるようになり、アナリティクスの設置がとても簡単になりました。

SEOの効果は?

「賢威はSEOに強い!」とよく言われていますが、私が使った感じでは「ちょっと強い」程度だと思います。

確かに内部構造は完璧ですし、このブログでも複数の記事が狙ったキーワードで上位表示されています。

しかし、テンプレートひとつで検索順位が大きく変わるとは考えにくいです。

上位表示される要因はキーワードの競合率が低かったとか、コンテンツがGoogleに評価されたなどがほとんどでしょう。

テンプレートを変えれば、SEO効果があるかどうか確認できますが、私は心配性なのでなかなか変えられません^^;

賢威の値段

これは気になる方も多いと思いますが、価格は24800円(税込み)です。

決してお手頃な金額ではありません。

意外に思われるかもしれませんが、実は2万円以上するテンプレートは賢威以外にも多数販売されており、賢威が格別高いわけではないんです。

とはいっても、高いことに変わりはないですし、お金に余裕がないと購入は厳しいかもしれません。

賢威がおすすめの人

SEOを徹底的に学びたい人

賢威のSEOマニュアルは、ただテクニックに頼る薄っぺらいものではなく、正攻法で地道に順位を上げるノウハウが詰め込まれています。

内容は具体的に書くと著作権に引っかかるので、概要だけ記すと以下のような感じです。

  • SEO対策をする前にやっておくべきこと
  • 新規ブログでも上位表示できる理由
  • 検索エンジンに評価されるブログ運営法
  • 有効な被リンクと逆効果の被リンク
  • タグの基本的な使い方

このマニュアルをすべて読み切れば、SEOの基本は完全に身につきます。

WordPressのプラグインを減らしたい人

賢威は7になって新しい機能が多数追加され、プラグインなしでもできることが増えました。

SEO対策に必須と言われるAll in One SEO Packも賢威では不要です。

プラグインが少なければ表示速度も速くなりますから、SEOの観点から見ても賢威を使うことは大きなメリットがあります。

自己投資を惜しまない人

前述したように、賢威は決して安くありません。

なので、高額でも、ある程度自己投資として割り切れる方以外は購入しないでください。

まとめ

今回は賢威の魅力に触れてきましたが、ここまでSEOに力を入れているテンプレートはほかにありません。

デザインがシンプル過ぎるのが個人的に気になりますが、派手過ぎても敬遠されてしまいます。

わからないことは、検索エンジンや購入者限定のサポートフォーラムを利用すればたいてい解決するので、使い方で困ることはないでしょう。

賢威の公式サイト

スポンサードリンク